年下男性と付き合うときの注意点

年下男性のパートナーとは長く暮らせる

日本における人の寿命は男性より女性が長いので、人生のパートナーという意味では年下の男性パートナーを選ぶと長く一緒に暮らせるというメリットを享受できます。
そのこともあるのか最近、年下の男性と付き合ってみたいという女性の声をよく聞くようになりました。
それでは、年下の男性との交際ではどのようなことに気を付ければよいかのポイントを整理してみましたので、年下の男の子と付き合ってみたい希望をお持ちの方は是非参考にしてください。

彼氏を子ども扱いしてプライドをキズつけない

1.私の方が〇才年上だからと、ことある度に年齢の差を口にしないように気を付けましょう。
デートでも「年上だから、食事代出すよ」等、年齢の話が会話に頻繁に登場すると、彼氏はまるで年下はまずいことのように劣等感を感じ、ゆっくり楽しめません。
反対に、初めのうちは年下男性も楽なので、甘えることを喜ぶかもしれません。
でもその結果、優しい彼を身勝手で我儘な男性に変えてしまう恐れもあります。

2.まだまだ人生経験が少ない彼氏は、側で見ていると「まだまだ世間しらずだ」と思うことは多々あるでしょう。
しかし、そこで彼氏を子ども扱いすると、彼氏のプライドは傷つきます。
とりあえずは彼氏を尊重し、顔をつぶさないような配慮が必要です。
注意が必要なケースでも伝え方に注意して対等な立場でアドバイスするようにします。

3.相手に遠慮せず、喧嘩の際も遠慮なく気持ちをぶつけ、本音で話すことを心がけます。
日頃の会話の中でも、自分が年上だという意識を持たず、遠慮せずに対等な関係で話をするようにしましょう。

年齢の差を彼氏に感じさせない

1.二人きりの時には年の差など気にせずにしっかり甘えることが大事です。
互いの知人がいるような食事会などの人前では、しっかり者で凛とした年上の彼女が、二人きりになったとたんに急に甘え上手になると、そのギャップはあなたの2面的な魅力を伝えることになり、彼氏にとっては年上の女性との恋愛の最大のメリットでしょう。
むしろ彼氏を年上だと思い込んで甘えると、あなたの可愛さが最大限に引き出されます。

2.年下とはいっても男性はプライドが高いものですので、「頼りにしている」感を出すと、彼氏の自信に繋がります。
特に、年上女性に頼られるということは、精神的に「もっとしっかりしよう」と努力するので、彼氏を益々魅力的な頼もしい男性に成長させることに繋がるのです。

3.普段使わない若者言葉を無理に使って会話したり、似合わない若い世代のファッションセンスを取り入れたりしない。
年齢の差や世代の違いを過剰に意識すると、普段使わない若者言葉を無理に口にしたり、相応しくないファッションを取り入れたり等、「若作り」感があると思われます。
普段通りにあなたらしい素の自分、等身大の魅力で接するようにしましょう。